ブログをご覧の皆様こんにちは!今日のブログでは私が月5本議事録を作成した経験をもとに議事録の書き方についてご紹介します。結論から言うと、会議に終了後に議事録が既に出来上がるくらい手元のメモに議論の流れを単語と図形でまとめておくことがポイントです。

1.議事録の目的

  1. 発言者と発言内容の確認
  2. 合意した内容や次への課題を整理
  3. 会議に参加していない関係者へ議論の流れ、結論を知らせるため

2.議事録に記載する情報

議事録とは人が集まって話し合った内容を文章でまとめたの文書のことを言います。
必要な情報:①発言者・発言内容
      ②議論のテーマと流れ
      ③合意した内容
      ④次の課題


3.議事録を月5本作成した結果、身についた記録術

①メモの取り方
私はテープレコーダーは使わずメモから文章を起こします。
メモは単語でとりましょう。
結論やテーマは何か?誰がそれを言ったのか?などを単語で記録します。

メモするもの:①発言者
       ②発言内容
       ③結論・反論


②記録のまとめ方
  1. 会議中にメモとまとめる作業を同時並行で行う
  2. 関係がある単語を◯や線で繋いで話題のまとまりを作る
会議の中で、話題は次々展開されたり行きつ戻りつすることが多々あります。後から振り返って、どのような話題を誰が話したかわかるようにメモした単語を◯や線などの図形で繋ぐことをオススメします。どの◯や線とも繋がらない話題は、カットしても差し支えありません本筋に影響しない無駄な話題です。会議の中で話は飛んでも、議事録内では飛ばせない。どんなに紛糾した会議でも、議事録は理路整然とまとめましょう

③文字起こし方法
会議中に作成したメモをもとに文字に起こします。メモは単語と◯や線で結ばれたまとまりで構成されています。会議中に◯や線で話題を整理し結論を追うことで、終了時には、頭の中に構成ができあがっています頭にある文章を手元のメモを見ながら整合性が取れた文章に仕上げる作業です。

4.議事録で組織を動かす

作成した議事録は会社の意思決定権者が承認し配信されるのが通例です。配信された文書をもとに現場管理者は動きます。文書の出来が組織の動き方を決めるそう言っても過言ではありません。

5.自動化について

文字起こしアプリなどで文章を作成するアプリが出回って久しいです。確かに便利です。ただ、文字に起こしただけでは議事録は出来上がりません。それらを◯や線で結び、まとまりにして話題を構成する。これらができるようになってはじめて自動化できるようになったと言えます。今のところ、そこまでの能力をもった自動化文書ソフトは市場に出回っていません。ライティングスキルはまだまだ人の役割だと私は思います
 

まとめ

議事録はレコーダーは使用しても構いませんが、丸々それを文字起こしするということはやめましょう。それよりも、単語でメモをとり、◯や線などの図形でまとまりを作り、話題を構成しながら会議に参加しましょう。効率も良いし、議論に入り込むことも可能です。ぜひ試してみてください。それでは次回の更新をお楽しみに! 

ブログをご覧の皆様こんにちは!今日はコロナ禍を経ておうち遊びを探求した結果、買って良かったと思うものをご紹介します!

0〜2歳

おすすめは積み木です!
メリージムぬいぐるみ絵本も買って良かったですが、最も役に立ったのは積み木です。

積み木最強説
・耐久性に優れている点。
・割と長い期間使ってくれる。

 ①触って遊ぶ。齧って遊ぶ
      ↓
 ②並べて遊ぶ・積んで遊ぶ
      ↓
 ③パーツの組合せを楽しむ



おすすめはこれ!✨トーマス積み木バスケット✨

キャラクターが笑顔で親しみやすいです。大きくなってからもトーマスを滑らせて遊んだり、お家や駅舎など組合せを楽しむことができます。


2〜4歳

プラレール、学研ニューブロック、カルタ、トランプ
プラレールや学研ニューブロックは手先の器用さ、構造物をつなげる地頭の良さが磨かれました。カルタはひらがなを覚えるのに、トランプは数字を覚えるのに役に立ちました。
中でもおすすめは学研ニューブロックです。

2歳くらいから繋げたり、組合せを楽しむことができます。4歳くらいになると、飛行機やロケット、ゴジラや仮面ライダーの変身ベルトなど応用を効かせたものを作って遊んでいました。

特定のキャラクターや流行にとらわれないデザインで飽きがきません。
私自身(36歳)も物心ついた頃にはこの学研ニューブロックで遊んでいました。
信頼のロングセラー商品です!


もう一つおすすめなのは
トランプです
数字に強くなれます!
神経衰弱やババ抜きなどの王道ゲームから、七並べやブラックジャック、スピードやポーカーなど、ルールに則って行う知的なゲームも意外とできるようになります。子供と思って侮るなかれ。子供のペースに合わせて理解を促すことで、あっというまに親のライバルになりますよ!


4〜6歳

LaQブロック
LaQブロックをご存知でしょうか?ご存知ない方はこちらの動画をご覧ください。
奈良県の玩具メーカーが開発した世界ブランドのブロックです!
三角や四角のパーツとそれらを繋ぎ合わせる細かいパーツと組み合わせることで、さまざまな構造物をデザインできます。このブロックを作る我が子を見ていると感動すら覚えます。
スクリーンショット 2021-04-15 16.49.47

注意点はいきなりLaQにチャレンジしないことです。難しいので苦手な印象を持ってしまうかも。またパーツを食べてしまうような年齢で与えるのは絶対に避けましょう。

人生ゲーム 
人生ゲームは、我が家にとっておうち遊びの集大成とも言える位置付けです。ルールに則った遊び、数字の計算、文字の理解、お金の勉強、人生の擬似体験。学びの要素が半端ないです。全力でおすすめします。 ぜひ、家族みんなで人生ゲームを楽しんでください! 


最後にお家遊びを支える有能なアイテムをご紹介します。

壁面収納
スクリーンショット 2021-04-15 16.55.40
左側:おもちゃ  右側:本と学用品



壁面ホワイトボード マグネット機能あり
スクリーンショット 2021-04-15 16.56.03



フロアマット

スクリーンショット 2021-04-15 16.58.09
サッカーゴール
スクリーンショット 2021-04-15 16.57.03
室内トランポリン 2.7m✖︎1.8m
スクリーンショット 2021-04-15 17.01.13
一年かけて室内遊具場をおうちに作りました笑


学研ニューブロック作品集

スクリーンショット 2021-04-15 17.00.12
スクリーンショット 2021-04-15 17.02.02
スクリーンショット 2021-04-15 16.59.46

まとめ

いかがでしょうか?我が家はこんな感じでをお家遊びを楽しみました✨皆様のコロナ禍でのお家遊びのヒントにしていただければ幸いです😆それでは次回の更新をお楽しみに!

ブログをご覧の皆様こんにちは!前回のブログでは子供の習い事についての考え方をご紹介しました。大事なことは子供の強みを知ること、そして、やらなくてもいいことを決める選択と集中の考え方です。今回のブログでは、小学校入学前にやった家庭学習についてご紹介します。

家庭学習でやったこと

迷路、点つなぎ、ひらがな練習、8カケ8マスで平仮名の書取り。この4つの順番で行いました。数字の勉強は特にやりませんでした。時計やカレンダーを見て自然と覚えていけるようなサポートはしました。どんなサポートをしたかはまた後日ご紹介します。数字を覚えてからは人生ゲームを毎日やり込み、足し算をマスターしました。知育玩具として人生ゲームを位置付けるのはちょっと違うかもしれませんが、知育玩具シリーズとしてこちらも別記事でご紹介予定です。

鉛筆で線や丸が書けるようになろう

鉛筆で線や丸が書けるのは、字を書くために必須です。楽しんで練習できるように迷路を提供したところ、ハマりました。その次にやったのが点つなぎです。数字が割と好きなのでこれもハマりました。迷路と点つなぎ、どちらも楽しんでやってたので親も嬉しくなりました。プリンターがご自宅にある方はこちらのサイトがおすすめです。


ひらがなの練習

入学直前にやったのは、ひらがなの練習です。保育園の卒園式から入学式までの間でささっと練習しました。鉛筆を操る遊びをしていたので、嫌がることなく楽しんで練習していました。できることが増えると子供も親も嬉しいですね。くもんの学習帳を購入してコピーして使ってました。その後に取り組んだのはジャポニカの8✖︎8マス学習帳です。親が手本を1段目に2〜4段目になぞって練習できるように薄く書いてあげます。これも喜んでやっていました。調べてみると便利な教材がネットにはありますね。迷路や点つなぎ同様オススメです。もうちょっと早く知りたかった🤣


まとめ

鉛筆を使った遊びから入ると良いと思います。鉛筆に慣れていれば、入学直前でひらがな学習は十分間に合います。根を詰めすぎないように適当に遊ばせながら鉛筆に慣れさせましょう。そしてできるときに短期集中。一日15分4日連続で大丈夫です!今回の更新は以上です。それでは次回の更新をお楽しみに!
 

↑このページのトップヘ