ブログをご覧の皆様こんにちは!春は入学進学の季節です。新しい環境に慣れるのに毎日忙しいですね私も必死です🤣新しい科目の履修ペースがまだ掴めない。ブログとの両立が難しいと感じています。そこで、起床時間を30分早めて3時30分にしました。眠らない身体がほしいです。奥田民生のイージューライダー(ぼくらに自由を〜というやつ)を思い出しました。

子供の習い事を考える上で大事にしたい二つのこと

さて、今回のブログでは子供の習い事について考えたことをご紹介します。結論から申し上げます。正解がわからない!わからないけど、それで良いということがわかりました。身も蓋もないこと言ってますが、これには理由があります。それは子供にはそれぞれ特徴があって必要なものは違うからです。大切なことは2点です。一つ目は子供の強みを知ること、二つ目は無駄のことはやらない、選択と集中です。子供の置かれた環境やその子の特徴の数だけ正解があります。大切なことは正解の見つけ方です。私が見つけた正解までの道のりご紹介し考え方を共有したいと思います。

健康のために運動は必要と考えたことが始まり

健康であるために運動は必要だと思います。日常的に泳ぎに行けたり、山を駆け回ったりできる(私の出身地)環境に住んでいて、親や地域の人たちが一緒に遊んでくれるのなら、特に必要ないかもしれません。私の現在の居住地はそうではありません。山の中みたいに公園はたくさんあります。ですがそこへ行くまでに交通量がそれなりに多い道路の横断があるので好き勝手にとはいきません。そこで近所の体操教室とスイミングに通わせることにしました

体操教室とスイミングに通ってわかった我が子の強み

体操教室とスイミングに通わせることに。続けて3年になります。通わせて良かったなと思うことは、我が子の特徴を客観的に知ることができた点です。もちろん子供にとって楽しい時間になっていることも良い点ですがそれは前提条件です。苦手なこと、得意なことが、教室の外から見ているとよくわかります。私の長男は理屈や説明を聞くのが得意です。逆に感覚的に身体操作するのはあまり得意ではありません。体操は割とセンスが求められます。教えなくても見ればできる子、足が速い子、ジャンプが上手い子。センスがあるってこういうものか、見てたらすぐわかります。感覚的な身体操作に優れています。体操教室は見てできる、あるいは反復練習で感覚を掴む、そういう習い事でした。それに対して水泳は感覚よりも理論重視です。水の中の動きや呼吸法は陸上とは異なる環境ですから、日常的に感覚を養うことは難しいです。ですからコーチの説明をよく聞かないと伸びません。コーチの説明を聞いてその通りやってみる。長男はこれが得意でした。鉄棒が得意とかバタ脚が苦手とかなどの技術的なことも見えるのですが、習い事に取り組む姿勢から子供の強みがわかったことが一番の収穫でした

小学校入学 溢れかえる教育商材情報

小学校に入学すると、いよいよお勉強が始まります。人の説明を聞くのが得意。身体を感覚的に操るのは苦手。そういう特徴が見て取れたので、お勉強の習い事はすぐに必要になることはないだろうと予想しました。小学校には先生がいますから。わからないことや国語やさんすうについて説明をしてくれます。でも、教育商材情報がいやでも目に入ってきます。無料のオムツのサンプリングか何かで提供してしまった個人情報をもとにおもちゃと一緒にDMが届き続けます。”小学校1年生の学びが一番大事”だからやりましょう!インターネットの記事でもそんな話をよく見かけます。大事だからこそ、あれこれやるのは得策ではありません。と思うのは私だけでしょうか?

コアコンピタンス経営

自らの強みは何か?人・もの・金・情報などの経営資源の選択と集中を行うことを経営学ではコア・コンピタンス経営と言います。一言で言うと、無駄なもの、やらなくていいことを決める考え方です。この考え方に長男の置かれた環境を整理すると、小学校で過ごす時間が学習時間で最も大きな資源です。時間も長いですし、先生という教育のプロが現場にはいます。ここを軸として選択と集中すべきです。小学校の学びはまだまだ始まったばかり。大して難しいことは習ってきません。先生やお友達との時間を楽しんでほしいと思います。私たち親にできることは良いコンディションで学校に送り出すことです。安易に課題を増やして子供にストレスをかけるのは得策ではないように思います。年次が進み状況が変われば、必要なものも変わると思いますが、あくまでも1日のうち最も長い時間を過ごす学校です。学校の学びの質が本人にとって良いものとなるよう、サポートしていきたいと思います。

まとめ

子供の強みを知ることが大事です。そのために何らかの習い事に通わせると言う選択肢はありです。中でも健康を保つために運動系の習い事はおすすめです。また子供の学習環境を整える上で、コア・コンピタンス経営の考え方をご紹介しました。やらなくてもよいことを決めて、やるべきことに注力する考え方です。やることを増やしすぎるのは得策ではないように私は思います。今回の更新は以上です。それでは次回の更新をお楽しみに!

ブログをご覧の皆様こんにちは!昨日は小学校一年生の長男の登校付き添いに行ってきました。トイレのスリッパを揃えたことを担任の先生に褒めてもらったことがキッカケで学校に通うのが楽しくなったようです細かいところまで見ていただき有り難いなと感じています。

民生委員さんと立ち話

 一年生の保護者は、自分の子の登校付き添いの後に児童たちの見守り活動に参加することになっています。受け持ちのエリアに行くと児童へ挨拶をしている腕章をつけたおばさんがいました。地域の民生委員さんです。児童が一通り登校し終わるまで一緒に挨拶をさせてもらいました。良い機会なので、地域のことをいろいろと聞こうとお話をさせてもらいました。


泉北ニュータウン

 話題は小学校・中学校の児童数の少なさ、地域の高齢者の増加の話に自然と向かいました。私の住んでいる街は泉北ニュータウンと呼ばれ全国的に見ても大きなニュータウンです。大阪府堺市南区南部および和泉市東部の丘陵地帯に大阪府が計画・建設しました。大阪市中心部へ電車で1時間程度の立地です。街開きされてから50年以上が経過しました。
 
 計画人口は18万人。現在の居住者数は令和元年12月時点で約12万人です。他のニュータウン同様、初期入居者の高齢化や都心回帰により、人口は減少傾向にあります。

 街の魅力を再構築。発信するためにさまざまな取り組みがなされています。私が感じる魅力はニュータウン建設時に整備された交通インフラ、公園や緑豊かな住環境です。程よく人はいますが、混雑はしないのでストレスなく過ごせます。


泉北高速鉄道

泉北ニュータウンには鉄道が運行しています。
  • 泉北高速鉄道。
  • 駅数は6駅。中百舌鳥〜深井〜泉ヶ丘〜とが・みきた〜光明池〜和泉中央
  • 線路距離は14.3km。
  • 一日の乗降客数は合計266,936人。内訳(深井:26,126、泉ヶ丘:40,458、とが・みきた:19,558、光明池:30,115、和泉中央:33,066、中百舌鳥及び他社線連絡:117,613)



街の課題について民生委員さんに聞いてみた

 児童へ声かけ・挨拶をしながら街の歴史や課題について民生委員さんにお聞きしました。街のことに興味関心を示してくれる人は少ないので嬉しいとおっしゃって下さり、いろいろと教えてくださいました。少子高齢化は著しいようです。小学校は以前は8クラス(現在は2クラス)くらいあったとか。街に居住する人も、入居時期が同じ人たちが多いため、街と共に高齢化しているとのこと。

 ショッキングだったのが、孤独死がこの町内でも発生しているということでした。よく晴れた朝に子供達へ挨拶をするという状況と、地域の課題の深刻さのギャップに同じ現実か?と戸惑いました。制度としてセーフティネットはあります。ありますが、それを選択するかどうかは個人に委ねられています。いろいろとアプローチを試みるけれど、個人情報の壁があり突っ込めない。また利用者側の行政や社会に対する不信感なのか、制度利用を拒否されているようです。

タコつぼ化した個人と地域

 先日、読んだ友成先生の著書に記載されていた「タコとタコつぼ理論」の話を思い出しました。タコにとって、タコつぼの中は居心地が良く”問題”と感じていない。そのタコつぼも地域という大きなタコつぼに入子構造で収まっている。そんな話をお伝えすると、「この町内もまさにそんな感じです。自治会はあるけれど、メンバーの高齢化もあり、新しいことがなかなかできない。お祭りはお祭り係の人の仕事、体育祭は体育係の仕事、というようにタコつぼ化してます。」長年住み続けたタコつぼが居心地が良すぎて、他のタコが「それヤバいよ」という状況でも気にならない。そういう方も多くいるんだろうなと思いました。

まとめ

 気持ち的にモヤっとしていてまとまらない1日を過ごしました。でも、自分は自分にできることをやるしかないです。勉強して、人とコミュニケーションをとって、ともに楽しい時間を過ごす。これに尽きます。高齢者ユーチューバーのプロデュースを実現するために、まずは自分のチャンネルを開設してみようかなそれでは次回の更新をお楽しみに!

✨高齢者ユーチューブとは?✨
祖父が私に教えてくれた話がそもそもの始まりでした✨




 


ブログをご覧の皆様こんにちは!サイバー大学の春学期が開講しました!昨日移動時間を活用して学習したのは「セルフマネジメント論」担当講師は客員教授の小松俊明先生です。その中で紹介されていた時間管理のマトリックスが非常に参考になったので、明日からの仕事に早速生かしてみたいと思います。

担当講師のご紹介

本題に入る前に担当講師のご紹介です。科目をご担当されるのは小松俊明先生です。1992年慶大(法)を卒業後、住友商事に入社し鋼管貿易担当。1996年、アジアで採用支援会社を起業。2001年、米国資本の会社で管理職採用担当。2008年、採用支援会社を起業。現在に至る。代表作は「できる上司は定時に帰る」他多数。日系と外資系企業に勤め、国内と海外で2度の起業体験があり、海外在住12年の異色のキャリア。現在、国立大学法人東京海洋大学教授及びサイバー大学客員教授を務める。

出典 サイバー大学教員紹介より

時間管理マトリックス

まずはこちらの図をご覧ください。
スクリーンショット 2021-04-09 0.32.56

 時間管理マトリックスとは緊急度と重要度の二つの軸でタスクを四領域に分類したものです。緊急を要する仕事はすぐに片付けなくてはなりません。しかし、すぐにやらなくてはならないものの全てが重要かというとそうでもありません。重要でない業務も時として優先順位が高まることがあります。例えば、私の務める老人ホームではコロナ禍ということもあり、毎日入居者の体温測定を実施しています。これは重要度の高い業務ですが緊急度は高くないように思います。しかし、事前に担当を決めずに当日を迎えてしまうと誰が主体的に行うのかわからず時間が経過してしまいます。結果的に1日が終わる前に慌てて行う羽目になってしまい、緊急性が高くなってしまいます。


業務の緊急性を取り除く

 これを回避するために緊急度の高い業務の見直しを行う必要があります。例えば先ほどご紹介した体温測定は事前に曜日制で看護師・ケアマネ・介護士で分担して行う方法を採用しました。事前に決まっていれば段取りを組めるので、緊急度が高まることはありません。このように緊急度が高く・重要度の高い業務は、決まり事にすることで緊急度を下げることができます。

 続いて、注目すべき領域は第三領域、重要ではないが緊急である場合です。これらはアポイントメントなしの面会や会議などの時間が拘束されるものを含みます。回避する方法としては、会議の頻度を見直すことやアポ無しの面会をお断りすることなどが挙げられます。

 上記の具体例に共通しているのは、どちらも緊急度の見直しです。今すぐやらなくてはいけない仕事が多いと感じている方は、緊急性の見直しをお勧めします。見直しのポイントは定型化できる業務かどうか。頻度の見直しができるかどうか。この2点です。


余裕時間を作り出し自己投資に当てよう

 この2点を行った結果、第二領域の急ぎではないが重要性の高い業務に時間を割くことができます。急ぎではないが、重要度の高い業務とは何か?それを示した図をご紹介します。
スクリーンショット 2021-04-09 0.19.20
 急ぎではないが、重要な業務、それは時間の投資です。こちらの図では、緊急性や重要性によって業務が持つ時間的な性質が変わることを示しています。例えば、重要性が高くかつ緊急性も高い業務は時間の消費です。入居者の急変や救急対応などの避け難い業務と言えます。

 対して重要度は低いが緊急度の高い業務は時間の浪費です。アポなしの面会や多すぎる会議などがこれにあたります。重要でもない緊急でもない、ただダラダラと時間を過ごしてしまうことを空費と言います。空費はできるだけ避けた方が良いことは言うまでもありません。緊急性の高い業務をなるべく排除し、段取りを持って仕事を終えるようにスケジュールを組みます。それによって空いた時間で急ぎではないが将来の自分にとって必要な学習や人脈づくりなどに時間を投資するのです。

時間の投資によって生み出されるもの

 時間の投資によって生み出されると期待されるものは、今の自分×学びで得た知識による創造的なサービスや発明品の創出です。イノベーションと言い換えて良いと思います。イノベーションを行うために、自らの時間を作り出し、学び、自分のブランディングを進めます。ブランディングされた自分を軸に人脈を広げることでイノベーションを創出する確度が高まります。

時間の見える化

 これらを行うために、時間の記録は必須です。何にどれくらい時間を使っているのか把握するために所要時間を書き出しましょう。そして自分の時間の使い方を研究します。時間の偏りがあれば整えます。便利なサイトとして授業内ではTogglが紹介されていました。こんなイメージです。
スクリーンショット 2021-04-09 1.02.12


まとめ

 「大切なことだけど、今じゃない。」そうやって後回しにしてると自分に投資できる時間がなくなってしまいます。そうならないために、急を要する状況を無くしましょう。そのために、時間管理マトリックスは便利です。自分が抱えている仕事をマトリックスで整理し、急がなくても良い業務や定型化できそうな業務を探してみましょう。今回のブログは以上です。それでは次回の更新をお楽しみに! 

↑このページのトップヘ