ブログをご覧の皆様こんにちは!今回のブログでもITパスポート試験勉強で学習した用語解説をお届けする予定です。と言いたいところですが、突如として書きたい内容が浮かんできたので、用語解説はそこそこに切り上げさせていただきました(笑)たった今、思い付いた事を全力でお伝えしたいのです!

イノベーションのジレンマ

今回の用語はイノベーションのジレンマです。イノベーションのジレンマとは、顧客の要望に耳を傾け、より高品質の製品やサービスを提供し続けている業界トップの企業が、破壊的技術を持った格下の企業に取って代わられることです。破壊的技術とは、従来の価値基準では劣るのに、新しい基準では従来よりも優れた特長をもつ新技術のことです。有形無形を問いません。製造物や技術だけでなくサービスも含みます。このジレンマって、今いろんなところで起きていませんか?

身近な破壊的技術

例えば、動画撮影です。一昔前までは、ハンディサイズのビデオカメラがあって、子供の運動会や卒業式、親族の結婚式などのパーソナルな映像記録用として存在していました。ところが、スマートフォンが登場して動画撮影が一気に身近になりました。インターネット通信のデータ使用用途割合でも、iphoneが登場するまでは、メールなどのテキストファイルが多くを占めていました。ところがiphoneの登場とともに動画が占める割合が飛躍的に増えました。動画撮影の目的が、記録よりもインターネットを使用した映像のシェア、もしくは配信へと変化したことの表れです。それによって私たちの動画撮影の価値基準も変わりました。ハンディカメラは今もある一定の需要はあります。スマートフォン市場のような巨大な市場ではありません。購入していく動機や顧客層は昔と大きな変化はありません。これはまさしく従来の顧客層の声を重視し品質にこだわったきた結果だと思います。ハンディカメラを製造していた人たちは、まさか日常的に人々が動画を撮影し、インターネットを使用して動画をアップロードするとは思わなかったはずです。
スカイプとZOOMの関係もそうですよね。ビジネス層にむけて、進化を続けてきたスカイプでしたが、突如コロナ禍により、老若男女あらゆる人達が、デバイスフリーかつアクセシビリティの高いテレビ電話サービスを求めた事で、一気にZOOMに追い越されてしまいました。革新的なサービスを生み出したスカイプも、みんなが一斉にテレビ電話を求める未来までは読めなかったということです。

既存技術は、いずれやってくる破壊的技術に負ける時がくる

だとしたら、始めるのが遅いからやらない。なんて選択肢はナンセンスですよね。例えば、ブログでありYouTubeです。これらの個人が運営するメディアもはじめからシェアを獲得していたわけではありません。誰にでも始まりがあって、努力をして現在があるものです。先行者利益があるから、競争が激しいから、よくわからないから。行動しない理由はたくさんあります。でも一歩踏み出して、学びを開始したら道は開けるのではと感じています。だって、今、流行しているYouTubeやブログでトップシェアを獲得している人たちも、いずれ破壊的技術がやってきて、市場丸ごと消えて無くなるとしたら? また一からのスタートですよね。もうどこかでそのスタートは始まっているのです。今この瞬間も。だから学びを始めましょう!

好きなことから始めましょう!

新しい破壊的技術の波を掴むために、学びと行動は必須です。ただ、学べと言われても具体的に何をすればいいの?てなりますよね。確かにその通りです。時間もお金も有限です。1㎜も無駄にしている場合じゃないです。だからこそ、自分が好きなことから始めましょう!自分が好きなことを学ぶ。学んだらすぐにアウトプットする。そうすると学びが加速して、結果好きなことがどんどん好きになる。ついでに(そうついでで良いのです)アウトプットの手段も学びましょう。自分がやりたいこと・好きなことを表現する手段としてITを学ぶのです。技術開発はどんどん先へ先へと進みます。進んだ結果、人々がその技術をどう使うかまで開発サイドは想定していないのです。とにかく前回のリリースよりも通信速度を倍にする。そんなモチベーションだそうです。ならば!私たちが好き放題使ってあげましょう!今はYouTube全盛ですけど、画面を見ながら楽しむ時代も遠からず終わりです。もっと想像もしないようなユーザーエクスペリエンスを提供してくれる新しいプラットフォームがやってきます。そんな時に、自分の好きや楽しいを表現できるスキルを手に入れていたら?ワクワクしますね。私からは以上です。皆さんはどうお感じになりましたか?

次回のブログ

次回はITパスポート試験のアウトプットの続きです。機械学習とディープラーニングの違い、クラウドサービスとホスティングの違いなど、似ているけど違っているものについてお届けします。もしかすると、試験に出る計算問題の解法なんかも載せてしまうかもしれません。よかったら皆さんも解いてみてください(笑)それでは次回の更新をお楽しみに!


スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">