ブログをご覧の皆様こんにちは!今回のブログでは、『科学的介護 介護現場のビッグデータ利用始まる』と題して、令和3年度4月から始まるLIFE(Long-term care Infomaiton system For Evidence;LIFE ライフ)についてご紹介します。昨日からライフについて詳しく調べ始めました。厚生労働省の介護給付費分科会が出している資料を隅から隅まで読み込み、ようやくインプットした知識が自分に馴染んできました。制度の概要や目的について、現場の対応について考察した内容について記載します。

LIFEの概要と目的

LIFEは令和3年度介護報酬改定において、科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的とし、LIFEを用いた厚生労働省へのデータ提出とフィードバックの活用による、PDCAサイクル・ケアの質の向上を図るものです。このような制度が現れた背景として、自立支援と高齢者の尊厳を守ることを目的として始まった介護保険制度のアウトカムが思わしくないことが挙げられていました。アウトカムとは帰結と訳されます。要はうまくいっていないと厚生労働省が認めたのです。そこで、現場のPDCAサイクルをサポートする目的でデータ収集・フィードバックをライフが行うというもの。この取り組みは強制ではなく認可制です。取り組みに参加することで報酬が事業所へ加算されます。参加した事業所は匿名化したデータを厚生労働省へ送ることで報酬を得ることができます。令和2年度までは、VISIT、CHASEという名目でデータ収集が行われていました。これらのシステムも令和3年度よりライフに統合されます。
スクリーンショット 2021-03-22 14.22.19
スクリーンショット 2021-03-22 14.22.32
スクリーンショット 2021-03-22 14.22.59
厚生労働省 介護給付費分科会より引用

現場の対応について

現場に求められる対応は大きく2点です。利用環境(申請・PCネット環境・ICTソリューション)の準備と介護課程の実践です。

①利用環境(申請・PCネット環境・ICTソリューション)の準備

この取り組みに参加するのであれば、ICTによる電子記録の導入を強くお勧めします。ICTソフトを利用して普段から記録を作成していれば、ライフ用に新たに記録を作成する必要はありません。ライフと情報連携するだけで、匿名化された記録を厚生労働省へ提出することができます。

②介護課程の実践

介護課程とは介護の現場で介護士が行うPDCAと言い換えることができます。PDCAとはPlan(計画)、Do(実施)、Cheak(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったものです。介護の土台です。すでにICTソフトを導入している事業所はPDCAをきっちり回し、ソフトに導入されている帳票を作成するだけで十分です。介護課程の取り組みができていない、従前の帳票が日常的に作成できていない、という事業所は負担が増す可能性があります。ネットのクチコミを見ていると、ライフに参加するために新たに書類仕事が増えるのがいやだ!などの書き込みが見られます。ですがそれはお門違いかと思います。本来、作成すべき書類を作成していれば、ライフのために書類を準備する必要はありません。ただ、実態として、どれだけの事業所が日常的に介護課程を回し、必要な帳票を準備できているのか疑問です。今すぐ胸を張って参加できる事業所がどれだけあるでしょうか。この辺りの進捗もフィードバックいただきたいものです。
スクリーンショット 2021-03-22 14.58.04
厚生労働省 介護給付費分科会より引用

まとめ

科学的介護の導入は歓迎されるべき流れと私は考えます。ビッグデータを収集する仕組みを構築することで、今後のIoT推進へとスムーズに移行していけると思うからです。私の考えるサイバーフィジカルシステムとも極めて親和性が高いです。この取り組みの先に、誰もが安心して参加できる社会があると思って、前向きに取り組みたいと思います。次回のブログでは、ライフについてもう少し突っ込んだ考察を行います。それでは次回のブログをお楽しみ!
スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">