ブログをご覧の皆様こんにちは!
前回のブログではLIFE(科学的介護情報システム)に機械学習が採用されていると予想し、そのメリット・デメリットを示し、デメリットを克服するための課題設定を行いました。

課題は機械(AI)とそれを扱う人、どちらにもあります。機械(AI)には人に寄り添うような開発が、人にはより豊かな表現力を身につける必要があると私は考えます。

互いに歩み寄り精度の高いシステムを構築できるよう、前向きに取り組んでいこうと思います。

今回のブログでは、このシステムが持つ可能性を考察し、その先にある未来の介護保険給付事業の在り方をについて私なりに考えた内容を記載します。一考察としてお楽しみください。

LIFE(科学的介護情報システム)が持つ可能性

 LIFEにはビッグデータ収集とその解析結果のフィードバックという能力があります。実態を調査し評価し結果を返す。介護保険の仕組みにこれとよく似た制度があります。認定調査です。認定調査は、LIFEを使う事でいずれ合理化されていくと見込まれます。認定調査にかかる費用を削減できれば、その分を加算として事業所へ給付される金額が増えることが予想されます。

このように介護給付事業を合理化していくほど、事業所への加算が増えて、介護職員の給与も上がります。いかがですか?このような結果が待っている可能性があるなら、LIFEやってみる価値あるなと思いませんか?認定調査に関わらず、介護給付事業にはシステムを維持するために、莫大なコストがかかっています。ざっと見積もって5兆円超です。

これらを全て合理化できれば、人への投資(職員の給与・待遇)はもっとよくなります。5兆円超はどこから出てきたの?気になった方は過去記事のリンクをつけておきます。こちらからどうぞ!

未来の介護 デジタルツイン サイバーフィジカルシステム

現在の介護給付事業のイメージを図にしました。介護給付費が利用者と職員へ渡るまでに多くの入子(三角形)が存在しています。これは全てがお金を分配するコストです。公正に分配しようとした結果、このような構造となってしまいました。
スクリーンショット 2021-03-24 21.41.00


LIFEから繋がる未来の介護給付事業のイメージがこちらです。
スクリーンショット 2021-03-24 21.54.23

LIFEから始まる合理化を進めた結果、利用者と介護士の間には互いをマッチングさせるプラットフォームのみとなります。介護給付費はあらかじめ利用者に分配され、報酬は利用者から介護士に直接支払われます。その妥当性を担保するのがLIFEです。

IoTを用いてデジタルツインを構築する
現在のLIFEにそのような能力はありません。ありませんが与えることは可能です。IoTを用いて現実世界の情報をリアルタイムで収集・蓄積・解析するデジタルツインという手法を使います。デジタルツインとは、現実世界の情報を収集し、そっくりそのまま同じ情報量を持つ世界をサイバー空間に構築することを言います。このデジタルツイン上をAIにディープラーニングさせて、情報を知識化し、現実世界にフィードバックする手法をサイバーフィジカルシステム(CPS)といいます。ディープラーニングは初見の状況でもAI独自の価値判断に基づき対応できるという強みを持っています。初めての状況でも知識化した情報を現実世界にフィードバックすることが可能です。

妖精さんのいる世界

このサイバーフィジカルシステム上を駆け巡り、人繋ぎする存在として妖精さんを作ることが私のライフワークです。妖精さんはあなたが気付いていない困っている人の存在を見える化し、あなたの善意を引き出し最大限活用してくれます。あなたの善意は社会から正しく評価され報酬を受け取ることができます。妖精さんはあなたのそばで励まし、ともに悩み、人生を前向きに導いてくれる存在です。サトシにとってのピカチュウ、のび太にとってのドラえもんのような存在です。パートナーがいることで主人公たちは強く、優しくなれます。あなたも、私も、強くなれる。優しくなれる。そんな社会を実現したいのです。
詳しくは過去記事に妖精さんのいる日常をまとめています。ぜひお立ち寄りください。


まとめ

いかがですか?私が思い描く未来は。おもしろいと思いませんか?このような世界が実現するように目標から逆算し行動を開始し始めました。私の現在地はITをサイバー大学で学んでいる介護福祉士です。日々、知識のインプット、アウトプットを繰り返しています。小さなことを積み重ねることが、とんでもない場所へ辿り着くための唯一の方法とイチロー選手も仰っておられました。私のブログもその精神に根差しています。明日も、一歩ずつ必要な学びを繰り返し前進あるのみです。地に足つけ、あたま雲抜け、進む前へ前へ前へ(From DefTech MyWay)。それでは次回の更新をお楽しみに!
 
スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">