ブログをご覧の皆様こんにちは!今日のテーマは「未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく未来」をよんだ感想をお届けします。前々回の記事で本書の冒頭を抜粋し、エストニアが電子政府を世界に先駆けて行ったことをご紹介しました。今回の記事では本書で紹介されているエストニアの取り組みの中で特に印象に残った3点を抜粋してご紹介します。
  1. X-Roadについて
  2. eレジデンシーについて
  3. スタートアップ企業への支援
以上の3点をご紹介し、その上で私の感想を書きます。

X-Road

前々回のブログでご紹介したようにエストニアはロシアからの独立後、少ない国民が広い国土に点在するという特徴を克服する為、公共サービスや民間サービスを効率よく市民に提供する必要がありました。それを可能とするために市民にeIDを発行し、あらゆる公共空間で無料のWi-Fiサービスを提供しています。このようにして、誰もがインターネットを利用し、利用しているのが本人であることを証明しつつ、あらゆるネットワークにアクセスする手段を得ました。これを可能にしているシステムがX-Roadです。X-Roadには公的機関のサーバー、民間機関のサーバーがぶら下がっており、ユーザー(市民・企業・公務員)はそれぞれのポータルサイトからX-Roadを通ってサーバーへアクセスします。X-Roadは名前の通り、あらゆる道に通じる幹線道路のような存在です。XーRoadを主体的に管理しているのがX-Roadセンターです。
スクリーンショット 2021-03-29 23.15.13
出典 世界銀行レポートより



eレジデンシー

次にご紹介するのはeレジデンシーについてです。eレジデンシーとはエストニアに居住していない人のためにeIDカードを発行するサービスです。eレジデンシーを受け取った人のことをeレジデントと呼び、インターネットを使って、エストニアの電子政府サービスの利用、エストニア政府への連絡、銀行取引などを行うときに本人であることを電子的に認証することができます。eレジデンシーが生まれた背景として、X-Roadを含めた電子政府の輸出の難しさがありました。法制度の違い、情報化社会の成熟度の違いなど。X-Road自体が全体の設計図があったわけではなく、限られた資源を有効活用するために、民間・公的分野が構築したサーバーを後から繋ぎ合わせて構築されたものです。丸ごと輸出するのは、他国の事情に合わないことが容易に想像できます。そこで登場したのがeレジデンシーです。「電子政府が売れないなら、電子政府というプラットフォームを起業家たちに使い倒してもらおうじゃないか。」という試みです。すごいですよね。起業家やエストニアの理念に共感する人物は、eレジデンシーを使うことで仮想移民としてエストニアで経済活動ができるのです。繰り返しになりますがエストニアには九州くらいの国土に130万人しか住んでいません。国家存亡のため、自国民を増やす努力は必須です。しかしリアル国民はベビーブームが起こったとしても、すぐに人口急増とはいきません。しかし、仮想移民に上限はありません。すぐにでも経済活動を開始してくれる優秀な人材が獲得できるのです。決めました。私、eレジデントになります。


スタートアップ企業への支援

電子政府ゆえ、電子登記システムが発達しているため、最速10分以内で起業ができます。平均的な所要時間でも18分程度とのこと。圧倒的なスピード感です。必要なコストは登録費用の200ユーロのみ。起業を簡単にした上で、スタートアップ企業に向けた支援に力を入れるのがエストニアの考え方です。素晴らしいですね。エストニアでは複数の企業をネットを通じて運営することが珍しくないそうです。eレジデンシーを利用することで世界中の誰にとっても同じことが可能となります。
以下の図をご覧ください。米国、シンガポールというスタートアップ企業が多いと認識されている国とエストニアは同水準でスタートアップ企業が誕生しているのです。
スクリーンショット 2021-03-29 23.48.08
出典 「未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく未来」より

これらのスタートアップ企業から次世代のユニコーンがいくつも誕生しています。なかでもTransferwiseのビジネスは銀行振込の世界に革命を起こそうとしています。彼らは、さまざまな国と国との間で余分な手数料を取らず、銀行の為替レートによって送金を行えるサービスを展開しています。その企業価値は10億ドル以上あると評価されています。
※現在の企業価値は50億ドル以上、本拠地はロンドン。創業者がスカイプの初期メンバー。
※Transferwiseのビジネスモデルを紹介するためにスカイプのフィンテック化という面白い表現を見つけました。リンクを掲載します。C2C(個人間商取引)は国際送金も変える:スカイプのフィンテック化 トランスファーワイズ


読んでみた感想 エストニアはビジネストライアルに最適

電子政府のポテンシャルを活かしたビジネスのトライアルはまだまだ現在進行形だと思います。現在開発されているサービスはフィンテックや通信販売など、通信技術に重心が置かれた開発が多いように思います。電子政府だからできるビジネス領域がいくつかあります。特に多くのフロンティアが残されているのが社会保障分野、とりわけヘルスケア領域だと私は思います。健康で文化的な生活は政府が国民に対して約束するものの一つです。これらの予算は国が持っています。この予算の徴収と分配を行う仕組みを改善する必要があります。私がブログで再三訴えているメッセージです。介護や医療のC2Cの実現です。サービス提供を個人間で実施。お金の流れは国→要介護者→介護士。これらの確からしさをIoTとAI、eIDを用いて担保するのです。


まとめ

eレジデンシーをつくることにします。エストニアに素晴らしい可能性を感じます。自分が実現したい妖精システムもエストニアならできるのではと感じました。日本にいながらエストニアで起業。これが理想です。そのために必要なことはエストニアの社会保障制度の理解。エストニア介護事業の理解。です。これらふたつを理解するために、エストニアの友人をつくりたいと思います。並行して英語の勉強を続けます。エストニアは幸い英語をほとんどの人が話せるようです。すごくワクワクしています。日本という国の情報システムをエストニアのように変えることは、私にはできません。それは他の専門家に任せたいと思います。私は電子政府が実現したときに実現できる社会保障の在り方、介護サービスの在り方について、猛烈に考えたいと思います。今回のブログは以上です。それでは次回の配信をお楽しみに!

スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">