ブログをご覧の皆様こんにちは!昨日のブログでエストニアの可能性を知り、e-Residencyを獲得することを決めました。エストニア、電子政府の持つポテンシャルを活用することが目的です。そこで、今回のブログでは、「e-Reidencyを実際に取ってみた話」という内容でお届けするべく試みてきました!結果は、獲得間近で断念せざる得ない、無念なものとなりました。思わぬハードルがあったのです。
✨前回のリンクはこちら✨

Reason for applying

スクリーンショット 2021-03-31 0.15.31
申し込みサイトは英語表記です。英語なら何とかなりそうです。申し込みをズイズイと進めていきました。すると、何やら質問を投げかけてきました。Reason for applying.なぜ参加するのですか?つまり動機を問いかけてきたのです。おっと、個人情報を入力するだけではダメなのですね。動機を英語で説明せよとな。やってやろうじゃないの。OK,Google.やってしまいなさい🤣

スクリーンショット 2021-03-31 0.25.49

My name is Yu Shibutani.Nice to meet you.I want to become an Estonian e-resident because in Estonia of my interest in e-government.Contribute in the fields of Long-term care and healthcare.I work as a care worker in Japan.I was interested inEstonia after reading Mr.Yoji Maeda's book.This is becouse I believe that e-government Know-how is essential fo the transformation of Japanese healthcare.The Japanese healthcare industry is funded by taxes and long-term care insurance premiums.It costs a lot to collect and distribute these.But with technology,these can be reduced.The technology needed is visualization of people's difficulties.We will use IoT and AI to send answers to citizens about the difficulties visualized in cyberspace and encourage them to take action in the real world.In order to realize these ideas, it is necessary to link the national budget with individual actions.Such an environment is not yet in place in Japan.What about Estonia?I have great expectations that I can make a model case in Estonia.That's why I want to get e-Residency.I think this is an attempt that benefits both Estonia and Japan.I look forward to working with you.that's all. 

自分がやりたいことを初めて英訳しました。なかなか良い体験でした。これは何かに使えそうです。Twitterで呟くときに早速使ってみようと思います。使い回したいのでブログにメモとして残しておきます。お時間ある方、ぜひ和訳にチャレンジしてみてください。そしてこの表現はちょっと、、という気付きがございましたら、私にフィードバックをくださいませ🙏

思わぬハードル

英訳した文章を載せて意気揚々と手続きを進めていきました。9つあるステップも残り3つです。これは今日中に手続き終わっちゃうんじゃない?さすがエストニアのシステムだな。なんて余裕をかましていたのですが、7つ目のステップに思わぬハードルがありました。『エストニア警察と国境警備隊へ身分証明としてパスポートが必要です。写真に取ってアップロードしてください。』なぬ?パスポートですと?はい、詰みました。私、パスポート持ってないのです。


スクリーンショット 2021-03-31 0.10.17
ドメスティックに生きてきたことがここで災いしました。運転免許証じゃダメですか?マイナンバーカードも持ってますよ!( …………沈黙 )交渉の余地はないようです。めちゃくちゃ頑張ったのに。まさかのストップです。あーぁ、、パスポートって、、、どうやって取得すればいいんだろう?😂

まとめ

まとめまーす。無理矢理に。e-Residency、取得するならパスポート必須です。先に言ってよ!いろいろHow toブログや記事みたけど、そんなこと一言も書いてなかったよ🤣だから私が言います。声を大にして。
み な さ ん  ま ず パ ス ポ ー ト を 取 ろ う ! ! !(持ってるし。持ってねーのかよ)そうですよね。仮想移民になろうとするような輩は大概パスポート持ってますよね。私はおそらくイレギュラーです。イレギュラーな道を歩いてるということは、オリジナルな発明ができる可能性ありです。そう、こういうことでさえ前向きなエネルギーに変換して進むのが私です✨今回のブログは以上です。e-Residencyについてはまた後日お伝えします。それでは次回の更新をお楽しみに!


スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">