ブログをご覧の皆様こんにちは!今日のブログでは学業と仕事の両立についてお話ししたいと思います。


実は仕事で就職活動中の学生達とオンラインの座談会を行ってきました。1対8名で30分間×2回。合計60分間、質問を受けて答える形式で行いました。ブログを書いていると起承転結を意識するので、話す内容もまとまりやすいなと感じながら参加していました。トークもいけるぞと、自分なりに手応えを感じていました。

そこに参加していた学生さんから個人的に質問があるということで、後ほど採用課の方を通じて連絡をいただきました。その質問とは「学業と仕事をどうやって両立させているのですか?」でした。全力でお応えしましょう。

 

時間管理は時間の計測から

時間を管理しましょう。お題目のよう使われる言葉ですが、やり方を丁寧に教えてもらえる機会はありません。なぜなら、できている人が希少だからです。実はやり方は簡単です。やりたいことが決まったら実際にやってみます。そして、やってみた結果、どれくらいの時間が必要なのか計測します。

Point1 なんでも測ります。

 

計測した結果を一日のスケジュールに反映する

新しいことをはじめますので、今までと違う枠で専用の時間を設けます。私は早朝をおすすめします。なぜ朝なのか?これには二つ理由があります。

    1.  誰にも邪魔されない。自分でコントロールできるから。
    2. 覚醒した瞬間はコルチゾールが分泌されており集中力が高まりやすいから。

世の中が活動し始めるのは、朝食の時間で決まります。朝ごはんを食べる人がいて準備する人がいる。それが世界共通の一日のはじまりです。

そこを一歩踏み超えた早朝に学習時間を設定することで、誰にも邪魔されない最高の学びを開始できます。ちなみに私は毎朝4時~6時を学習時間と決めて継続しています。
Point2 朝活をおすすめします 
 
 

時間配分が大事

4時~5時

起き抜けはプライムタイムです。最も学習効果が高まる時間ですから、覚えたい知識のインプットなど集中力を要する学習に使います。具体例:読書や計算問題、テストの模試、プログラミング学習など。

5時~6時

朝ごはんの時間が近づいてくると他の家族が目覚め始めます。学びがいつ中断してもよいように、作業系の学習に充てます。具体例:語学学習、タッチタイピングの練習など。

隙間時間

通勤時間などの隙間時間も活用します。具体例:語学学習やユーチューブなどの動画コンテンツを用いた学習。

 Point3 時間配分を考えよう


学習効率を高めるベストな方法 アウトプット学習

学習した内容を文章にするのです。起承転結を意識して書くことで理解が深まります。

アウトプットを行う時間帯は一日の終わり、帰り道の時間などを充てると良いと思います。なぜ一日の終わりなのか?それはインプットした知識が自分に馴染むからです。

馴染むとは、学んだ知識を頭に置いて一日を過ごすことで、知識を自分にひきつけて理解することを言います。自分に馴染んだら、次に自分の言葉で表現します。自分の言葉これが大事です。自分の言葉で表現したアウトプットは自らの引き出しとなります。

一度アウトプットが完成した内容は記憶にとどまり続け、スイッチを押せば自動再生のように誰にでも説明できるようになります。理想は相手に寄り添った表現で、自分の引き出しを使えるようになることです。ぜひチャレンジしてください!

Point 4 アウトプット学習を取り入れよう 

 

まとめ

Point1 何でも測ります。
Point2 朝活をオススメします。
Point3 時間配分を考えよう
Point4 アウトプット学習を取り入れよう



このようにお返事を書きました。ぜひ行動してほしいと思います。行動をすることで体験が生まれて、体験から自分だけのコンテンツが作れます。そのコンテンツは後から同じ行動を始める人たちにとって、とても価値がある情報です。失敗も成功も全て参考になります。 頑張ってください!!今回のブログは以上です。それでは次回の更新をお楽しみに!
スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">