ブログをご覧の皆様こんにちは!昨日は長男の小学校入学式でした。時間が経つのは早いものであっという間です。保育園の入園説明会に1歳の長男を連れて妻と一緒に参加したのがついこの前だったのに。次男も4歳になり、そして3人目がもう時期に産まれます。

長男が勉強熱心です

 長男はこの頃「ぼく勉強がしたいねん」と学習帳を開き熱心にひらがなの書き取り練習をしています。1行に8文字書けるタイプのノートを使っています。一番上のマスに見本の文字を親が書き、2から4段目のマスに上からなぞれるようにうっすらと文字を書いてあげます。5段目から8段目は自分で書きます。3つアドバイスしました。一つ目が自分で書いた文字と見本の文字の違いを見比べること。二つ目がマスの枠に大きな文字を書くこと。三つ目が文字には小さい部分と大きい部分がある、そのバランスに気をつけること。20分くらいで8行×8列の64文字を書き終えます。書き終わったら自ら花丸をつけています。花丸をつけたあとに親に見せに来るのですが、5段目の文字から8段目の文字にかけて成長が見て取れます。子供の成長速度に感動を覚えます!😭

 親として子供が勉強を頑張ってくれるのはとても嬉しいことです。一点気をつけているのは「切り上げさせるタイミング」です。集中力がなくなると精度が落ちます。精度が落ちるとできていたことができなくなり、できなくなると落ち込み、楽しめなくなります。ですから集中力が切れた様子が見えたら「その辺にしといたら?」と声をかけてやめさせるようにしています。休憩したり、遊んだりすると、夕方くらいに再び「ぼく勉強がしたいねん。」と言い出し、ノートを取り出し再開します。勉強を続けさせるコツはやめさせるタイミングなのかも?と思いました。

 自らやる気になってくれたのは、おそらく親のマネです。私が早朝にパソコンで勉強をしている姿を見て、長男もその気になったのだと思います。いつか一緒に早朝学習するようになるのでしょうか。その日が待ち遠しいです😆

サイバー大学 春学期開講

 サイバー大学の春学期が開講し、昨日から受講がスタートしました。受講科目は専門科目が7科目14単位、教養科目が5科目6単位、合計20単位です。学期は前期8回・後期8回に分かれています。専門科目は前期・後期合わせて16回構成です。それに対して教養科目5科目のうち、3科目は前期のみで終了します。前期よりも後期が楽になるように設定しました。これらの単位を取得するために計画を立ててみたいと思います。

PDCAサイクルはPlan(計画)からはじめる

スクリーンショット 2021-03-15 20.24.11
 こちらの図は以前にご紹介したPDCAサイクルです。自らの行いを振り返るのにとても便利です。また、何かを始めようとする時にどこから始めれば良いのかを示してくれる便利な図です。まずPlan(計画)から始めます。そしてDo(実施)します。受講科目の学習計画を1週間のスケジュールに反映させてみて、まずやってみる。そこから始めたいと思います。スクリーンショット 2021-04-08 4.44.35
 こんな感じにおさまりました。後期に受講予定の「医療・ヘルスケアとIT」は含まめていません。
 
 専門科目は自宅でPCに向かいながら2時間きっちり学習します。教養科目は移動時間や隙間時間で使って学習することにしました。専門科目は演習課題や難易度が高い科目です。インプットだけでなくアウトプットも求められます。ですからPCにむかえる4時から6時の間で学習したいと思います。

まとめ

いよいよ始まりました。計画しやってみる。そして評価して改善する。科目の特徴や自分との相性などはやってみないとわかりません。「無理があるな、余裕があるな。」と感じた時に素早く評価し改善したいと思います。今回の更新は以上です。それでは次回の更新をお楽しみに!

 
スポンサードリンク
" data-ad-slot="" data-ad-format="auto">