カテゴリ: 地域交流

ブログをご覧の皆様こんにちは!昨日は小学校一年生の長男の登校付き添いに行ってきました。トイレのスリッパを揃えたことを担任の先生に褒めてもらったことがキッカケで学校に通うのが楽しくなったようです細かいところまで見ていただき有り難いなと感じています。

民生委員さんと立ち話

 一年生の保護者は、自分の子の登校付き添いの後に児童たちの見守り活動に参加することになっています。受け持ちのエリアに行くと児童へ挨拶をしている腕章をつけたおばさんがいました。地域の民生委員さんです。児童が一通り登校し終わるまで一緒に挨拶をさせてもらいました。良い機会なので、地域のことをいろいろと聞こうとお話をさせてもらいました。


泉北ニュータウン

 話題は小学校・中学校の児童数の少なさ、地域の高齢者の増加の話に自然と向かいました。私の住んでいる街は泉北ニュータウンと呼ばれ全国的に見ても大きなニュータウンです。大阪府堺市南区南部および和泉市東部の丘陵地帯に大阪府が計画・建設しました。大阪市中心部へ電車で1時間程度の立地です。街開きされてから50年以上が経過しました。
 
 計画人口は18万人。現在の居住者数は令和元年12月時点で約12万人です。他のニュータウン同様、初期入居者の高齢化や都心回帰により、人口は減少傾向にあります。

 街の魅力を再構築。発信するためにさまざまな取り組みがなされています。私が感じる魅力はニュータウン建設時に整備された交通インフラ、公園や緑豊かな住環境です。程よく人はいますが、混雑はしないのでストレスなく過ごせます。


泉北高速鉄道

泉北ニュータウンには鉄道が運行しています。
  • 泉北高速鉄道。
  • 駅数は6駅。中百舌鳥〜深井〜泉ヶ丘〜とが・みきた〜光明池〜和泉中央
  • 線路距離は14.3km。
  • 一日の乗降客数は合計266,936人。内訳(深井:26,126、泉ヶ丘:40,458、とが・みきた:19,558、光明池:30,115、和泉中央:33,066、中百舌鳥及び他社線連絡:117,613)



街の課題について民生委員さんに聞いてみた

 児童へ声かけ・挨拶をしながら街の歴史や課題について民生委員さんにお聞きしました。街のことに興味関心を示してくれる人は少ないので嬉しいとおっしゃって下さり、いろいろと教えてくださいました。少子高齢化は著しいようです。小学校は以前は8クラス(現在は2クラス)くらいあったとか。街に居住する人も、入居時期が同じ人たちが多いため、街と共に高齢化しているとのこと。

 ショッキングだったのが、孤独死がこの町内でも発生しているということでした。よく晴れた朝に子供達へ挨拶をするという状況と、地域の課題の深刻さのギャップに同じ現実か?と戸惑いました。制度としてセーフティネットはあります。ありますが、それを選択するかどうかは個人に委ねられています。いろいろとアプローチを試みるけれど、個人情報の壁があり突っ込めない。また利用者側の行政や社会に対する不信感なのか、制度利用を拒否されているようです。

タコつぼ化した個人と地域

 先日、読んだ友成先生の著書に記載されていた「タコとタコつぼ理論」の話を思い出しました。タコにとって、タコつぼの中は居心地が良く”問題”と感じていない。そのタコつぼも地域という大きなタコつぼに入子構造で収まっている。そんな話をお伝えすると、「この町内もまさにそんな感じです。自治会はあるけれど、メンバーの高齢化もあり、新しいことがなかなかできない。お祭りはお祭り係の人の仕事、体育祭は体育係の仕事、というようにタコつぼ化してます。」長年住み続けたタコつぼが居心地が良すぎて、他のタコが「それヤバいよ」という状況でも気にならない。そういう方も多くいるんだろうなと思いました。

まとめ

 気持ち的にモヤっとしていてまとまらない1日を過ごしました。でも、自分は自分にできることをやるしかないです。勉強して、人とコミュニケーションをとって、ともに楽しい時間を過ごす。これに尽きます。高齢者ユーチューバーのプロデュースを実現するために、まずは自分のチャンネルを開設してみようかなそれでは次回の更新をお楽しみに!

✨高齢者ユーチューブとは?✨
祖父が私に教えてくれた話がそもそもの始まりでした✨




 

ブログをご覧の皆様こんにちは!昨日は長男の卒園式でした🎊卒園式の後は保護者主催の茶話会を行いました🫖私の妻が保護者会の会長を務めていたため、司会を私が行うことに。”心を燃やせ”とばかりにハイテンションで乗り切りました🤣今、腕が筋肉痛でタイピングする手が震えています。本当は昨日のうちにこの内容を書いてしまいたかったのですが、昨日はリアルに腕が上がりませんでした。なぜか?マイクが重たかったのではありません。次男(3歳15kg)がパパ抱っこモードに突入したのです👶片手にマイク、もう一方の腕に次男を抱える独自のスタイルでリリックを刻む新進気鋭のアーティスト、それが昨日の私でした🎤そんなテンションじゃないとやってられません。この状況に負けるな!楽しめ!心を燃やせ!!!

茶話会

茶話会というものをよくわかっていませんでした。いったいどういうものだろう?初めて聞いた時は、みんなでお茶でも飲みながら、お話をして解散するくらいに思っていたのです。そうじゃないんです。それは勘違いでした。先生への感謝、子供たちへのお祝いを保護者主催で行うイベントだったのです。スライドショーを作ったり、先生に贈るメッセージカード・プレゼントを準備したり、子供たちへの贈り物を準備したり。そして、会の進行、起承転結を考えたり。やべーぞこれは。大方の流れは妻を含む保護者会役員を中心とした有志の皆様が決めてくださり、私はその内容をもとに進行台本を作成し、当日に臨みました。

当日(茶話会始まるまで)

卒園式が終わると、バトンが保育園から保護者へ渡されます。渡されるのですが、そのバトンを保護者の誰に渡したのか、明確にわからなかったんですね。私の根回し不足でした。私に引き継がれるようにアナウンスしてもらえばよかったなと少し焦りました。ただ、保護者の皆様も事前にお配りしていたプログラムに目を通してくれていて、会場のレイアウト変更などを進んで行ってくれました。大変助かりました。場全体が自然に次の段取りへ向けて動き出すのを見守りつつ、自分が仕切り始めるタイミングを図っていると、あるママさんが、『パパさんスライドショー係の人が準備を終えたら開始できるので、保護者のみんなと子供たちを着席させていってください』今だ!!そこでバチッとスイッチ入りました。子供たちは卒園式終了後一旦、会場から退出していたので、まずは保護者の皆様に着席してもらいました。そして、先生に依頼し、子供たちを会場の入り口付近に集合させて、入場から着席の段取りをハイテンションで説明。なるべく楽しい気持ちになってもらわないとね。そう思っていると後ろから泣き声が聞こえてきました。振り返ると両手を伸ばし抱っこを求める次男と困り果てた妻の顔が。「パパ抱っこやねん」これはキター!!!やるしかない!覚悟を決めろ!!心 を 燃 や せ!!! 

茶話会始まる

片手にマイク、もう一方の腕に次男を抱えた新進気鋭のアーティストが誕生した瞬間でした。そして、その状態でパフォーマンスを開始。「保護者の皆様、会場の外には卒園式を頑張った子供達が待っています!保護者の皆様に会いたくて会いたくて仕方がない様子です。彼らは座席の場所がわからないので、入場したらここだよー!と呼んであげてください!ご準備よろしいでしょうか?!私の準備は整っております!!!」次男を抱えつつ声を張り上げました。会場がドッと沸き、私を受け入れてくださったのが伝わってきました🤣そして子供達の入場。会が始まってしまえば、入念に準備した内容を実施するだけです。滞りなく進み、感動的でエンターテイメントな茶話会となりました。準備期間は構想含めて半年程度でしょうか。お仕事や育児、家事の合間、コロナ禍もありリアルなミーティングが行えない時期もありました。そんな中、ここまでの内容を準備してくださった保護者会役員を中心とした有志の皆様には、本当に感謝しています。子供達にとって、最高の1日になったと私は思います。

まとめ

「段取り八分」という言葉をご存知でしょうか?これはプロジェクトマネジメントの世界で使われる言葉です。プロジェクトには目的・期限・資源があります。これらの要素を踏まえて計画を立てるのですが、プロジェクトの成否は計画で八割決まると言われています。それが「段取り八分」です。事前の準備をしっかり行ってくれていたので、司会進行はとても楽でした✨やってみて得た教訓としては、卒園式から茶話会へとバトンが受け渡されるタイミング。これを逃さず、「司会者が受け取るべし」ということです。プライベートや仕事で、様々な企画やプロジェクトを実施される方、いらっしゃると思います。プロジェクト⇔プロジェクト、日常⇔プロジェクトの境目にお気を付けください!バトンを受け取る、受け渡す人を決めておくと良いと思います!
今回のブログは以上です。腕が震えて脳内にある文章を文字起こしできずに、昨日の更新は断念しました😂これはやむを得ないです。自分を許します。頑張ったし😂
エストニア電子政府についての内容は、今日の2本目のブログへ記載します。それでは次回の更新をお楽しみに!!

 

ブログをご覧の皆様こんにちは!
実は今日は私の誕生日です。昨日の朝、長男が紙を持ってきて「パパ、ここに『パパ  たんじょうび  おめでとう』て書いて」「お、おお、わかったよ」自分で書くの?と思いながら、メッセージを書き紙を返しました。長男はメッセージが書かれた紙を受け取ると、紙とクレヨンを準備しテーブルに向かいました。なんと、それを見本にしながら手紙を作り始めたのです!「パパ、これは内緒だから見ちゃダメだよ(笑顔)」いや、知ってるよ!おまえは良いやつだな!笑 サムネイル画像に使用させてもらいましたありがとう✨

さて、本日のブログでは、私が介護業界で働くと決めた日の話をご紹介します。昨日のブログでご紹介した「ITの本当の威力 介護事業の収益構造」で私は高齢者のプロシューマーという新しいサービスの道筋を示しました。このアイデアは私が介護業界で働くと決めた日に感じたことが出発点となっています。
✨前回のブログはこちら✨

私と近所のおばあさん

私の故郷は瀬戸内海沿岸の小さな町です。 私が子供の頃からすでに少子高齢化でした。周りには子供よりもお年寄りが多い。そんな環境で育ちました。道を歩けば農作業をしているおじいさん、おばあさんが声をかけてくれます。みんな顔見知りです。


その中に、私にとくに良くしてくれたおばあさんがいました。そのおばあさんはいつもにこにこ。「おせらし(お兄ちゃんに)なったのぉ」会う度に頭を撫でてくれます。私はこのおばあさんが大好きでした。そのおばあさんは、必ずこうも聞きました。「あんたんところのおじいさんは元気かね?」いつもいつも聞くのです。小さい頃は何も思いませんでしたが、大人になっても続くその問いかけに、ふと、なぜだろう?と思うようになりました。そこで祖父に聞いてみることにしたのです。

私と祖父の話

私の祖父は、戦争で死んだと思われていました。終戦を中国でむかえ、復員するまでに一年かかりました。戦争末期に出征し、敗戦を海外で迎えるのはとても過酷な状況だったと聞きました。しかし、従軍期間の短さゆえ、軍人年金などは支給されませんでした。


そのような背景から、食べるのに苦労しない生き方をしなければいけないと思った祖父は、農家となり、ぶどうやキウイ、お米にお野菜などいろんな作物を育てました。牛や馬、山羊も飼っていたそうです。物静かで穏やかな人でした。

その祖父に、あのおばあさんの話をしました。「あのおばあさんは、おじいさんは元気か?といつも聞く。何かあるの?」おじいさんは優しい目をして言いました。「あそこのお家とうちはな、昔一緒に暮らしとったんじゃ」この時、祖父の目の奥が輝いたのを、私は見逃しませんでした。


戦後とある町で本当にあった良い話

私にいつも声をかけてくれたあのおばあさん一家は、ヒロシマに投下された原爆によって焼きだされ、実家のある私たちの町へ帰ってきました。家がないおばあさん家族を見かねて、私の曽祖父が私の家の敷地に家を建て、一緒に暮らすことになったのです。私の曽祖父は大工でした。一緒に釜でご飯を焚いて、お風呂に入り、農作業をして暮らしていた時期があったそうです。

父親世代はその頃のことを覚えていないそうです。でも、確かにあったのです。苦しい、貧しい状況をともに暮らし乗り切った時代が。おばあさんはその頃の事を、ずっと忘れず感謝してくれていて、その想いを孫世代である私に返してくれていたのです。それを理解したとき、私は自分は生かされている。大きな繋がりの中で。そして一人ではない。大きな愛に包まれ、世界から祝福されている。そのような感覚になりました。

知ろうとしなければ存在しない事になっていた小さな歴史

このような話は、私たち家族に限っことではありません。日本中いたるところに、助け合いの歴史があったはずです。しかし、そのような小さな歴史は誰に知られることもなく、今日も どこかで高齢者の命と共に幕を閉じています。それは大変な損失です。私たちを啓蒙、啓発し、人としての在り方を示唆してくれる、かけがえのない資産。それを一つでも聞きたい、知りたいという想いが私に生まれました。そして介護の道を志すことにしました。

まとめ

私にとって祖父は生き方を力強く導いてくれた唯一無二のインフルエンサーです。私は今でもあの時の祖父の目の輝きを覚えています。そして、今も目の前いる高齢者の目の中に同じ輝きを探しています。輝きを見つける度に強く優しくなれます。介護はきれいごとばかりではありません。大変なことの方が多いです。でもそれに代え難いたくさんのインフルエンサーに出会えます。

私はみなさんにもブログを通じて、小さな歴史、瞳の輝きを見つける楽しさ、素晴らしさをお伝えしたいと思っています✨そして近い将来、高齢者自身がインフルエンサーとして活動できるプラットフォームを作りたいと考えています。自らのライフスタイルを発信し稼げる高齢者、超高齢化社会に対する一つの解です!😂今回のブログはここまでです。それでは次回の更新をお楽しみに!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
今回のブログはもうすぐ誕生日の私が買ってもらったジンバルを使ってやりたいことをご紹介します!
カメラをジンバルにセットすることで手ブレを補正し、滑らかな動画撮影を可能にしてくれる優れもの。
私が買ったのは、hohemのisteadyX(8000円くらい)です。IMG20210304052024

説明書が英語、説明動画も全部英語なので、セットアップにちょっと戸惑いました。
IMG_20210304_055049


要は専用のアプリを起動し、Bluetooth接続をすればOKです。接続が終わってしまえば、 直感的な操作が可能です。

ジンバルを使ってやりたいこと

まず一つ目が家族の記録もうすぐ長男が卒園、そして小学校入学なので、その時に早速活用できそうです。ハンディカメラも持っているのですが、如何せん動画共有や編集が手間です。スマートフォンで完結させるためにジンバルがあると心強いです。
二つ目が、VLogです。動画のブログのことをVlogというそうですが、やってみたいです。私が住んでいるのは堺市南区の泉北ニュータウンです。
IMG20210303113823


今から50年近く前に、宅地開発、環状道路網、緑道、公園などが今ではできないスケールで整備されました。子供と公園で遊んだり、緑道を散歩したり、窓からの景観も良いし。私はとても気に入っています。
気がかりなのが少子高齢化が日本平均よりも随分進んでいることです。ITを学ぶ目的も高齢者の自立支援です。ただいつになるかまだ見えません。今、私にできることはないかな?と考えた結果、公園散策、時々対話する様子をVlogで配信したいと思い付きました!子育てスキル、IT知識、そして高齢者との対話力(介護福祉士資格所有)この三つをフル活用して、街の魅力、自分のやりたい事、その思いを配信していきたいです。

今後の活動


まずはジンバル。次はガンマイク、そしてその次はSONYのVlogカメラと機器を揃えていきます。まずはジンバルを使った動画撮影マスターします。でも、どうしてこう動く機械ってこんなにワクワクするんでしょうか😂それだけで楽しくて楽しくて!それでは次回の更新をお楽しみに!

↑このページのトップヘ